今年11月に没後100年を迎える、“近代彫刻の父”オーギュスト・ロダン(1840〜1917)。《地獄の門》や、その一部を抜き出した《考える人》で高名な19世紀を代表する芸術家である。彼は42歳の時、弟子入りを切望するカミーユ・クローデルと出会い、この若き才能と魅力に夢中になる。本作はロダン没後100年を記念し、パリ・ロダン美術館全面協力のもと、『ポネット』(96)、『ラ・ピラート』(84)の名匠ジャック・ドワイヨンが、ロダンの愛と苦悩に満ちた半生を忠実に描いた力作である。
当時のアトリエに立ち会っているような臨場感をもって、数々の傑作が創造され、完成する瞬間を垣間見せてくれる本作。ロダンの愛弟子であり、愛人でもあった女流彫刻家カミーユ・クローデルとの関係を、通説のメロドラマの骨格に収めるのではなく、内縁の妻ローズと若い愛人との間で揺れ動く優柔不断な男の狡さや、カミーユに限らず、多くのモデルたちと性的関係をもち、官能性をもとめた男の素顔として、ロダンの視点に立った物語で紡いでいく。カミーユの姿を介さず、彼女の彫刻『嘆願する女』を見つめるシーンに、晩年におけるロダンのカミーユへの思いは凝縮され、観るものの胸を打つ。
『ティエリー・トグルドーの憂鬱』(15)でカンヌ国際映画祭、セザール賞の主演男優賞をW受賞したフランスきっての演技派ヴァンサン・ランドンが、ロダンを演じる為に8カ月間彫刻とデッサンに没頭し、ロダンの魂までも演じきり、“ジャニス・ジョプリンの再来”と呼ばれる『サンバ』(14)のイジア・イジュランがカミーユを好演。陰影深い知られざる人間性を浮き彫りにした本作は、新しいロダンの肖像として美術愛好家にはもちろんのこと、天才であるがゆえの孤独を抱えた一人の芸術家のドラマとして、多くの映画ファンを惹きつけるに違いない。
1880年パリ。彫刻家オーギュスト・ロダンは40歳にしてようやく国から注文を受ける。そのとき制作したのが、後に《接吻》や《考える人》と並び彼の代表作となる《地獄の門》である。その頃、内妻ローズと暮らしていたオーギュストは、弟子入りを願う若いカミーユ・クローデルと出会う。
才能溢れるカミーユに魅せられた彼は、すぐに彼女を自分の助手とし、そして愛人とした。その後10年に渡って、二人は情熱的に愛し合い、お互いを尊敬しつつも複雑な関係が続く。二人の関係が破局を迎えると、ロダンは創作活動にのめり込んでいく。感覚的欲望を呼び起こす彼の作品には賛否両論が巻き起こり…。
1959年フランス、オー・ド・セーヌ生まれ。
『ティエリー・トグルドーの憂鬱』(15)でカンヌ国際映画祭・セザール賞の主演男優賞を受賞したフランスを代表する俳優。『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』 (86)、『僕と一緒に幾日か』(88)、『男と女の危機』(92)、『君を想って海をゆく』(09)など名匠の監督作品に多く出演。
1990年フランス、パリ生まれ。
16歳でイギー・ポップの前座を務め、ライブ・アルバム「IZIA」がフランス音楽大賞でロック・アルバム賞と新人ステージ賞を受賞。そのパワフルで激しい歌声から“ジャニス・ジョプリンの再来”と話題に。女優としてもデビュー作でセザール賞有望若手女優賞を受賞。『サンバ』(14)のマニュ役も記憶に新しい。
1944年フランス、パリ生まれ。
日本では『ポネット』(96)が大ヒットした名匠。初長編『頭の中に指』(74)でF・トリュフォーから賛辞を受け、『あばずれ女』(79)でカンヌ国際映画祭ヤング・シネマ賞を受賞。『放蕩娘』(81)で主演のJ・バーキンと結婚、ルー・ドワイヨンをもうけた。その他の代表作に『小さな赤いビー玉』(75)、『ラ・ピラート』(84)、『ピストルと少年』(90)、『ラブバトル』(13)。
この映画で、ロダンの感受性とその作品、人生をとらえようとしました。
これらすべては一体となるべきものです。
すべての芸術を楽しむためには人生は短すぎる。
私が怖いのは素晴らしい芸術作品を忘れてしまうこと、知らずにいることです。
しかし素晴らしい美に出来るだけ近づくこと、これが人生の幸せなのです。
ジャック・ドワイヨン監督
彼は何よりもまず一人の優れた芸術家であろうとし、 その思いは生涯を通して変わらなかった。 美は作品の中にのみ宿る。作品がなければ我々には価値がないのだ。 ロダンの送った生涯は、創作活動に打ち込んだ一日のようなものだ。 彼として生きた時間は、私の人生を美しく彩った。
ヴァンサン・ランドン俳優
関東
エリア 劇場名 電話番号 公開日 全国共通券
東京 新宿ピカデリー 03-5367-1144 11月11日
東京 ル・シネマ 03-3477-9264 11月11日
神奈川 横浜ブルク13 045-222-6222 11月11日  
千葉 キネマ旬報シアター 04-7141-7238 12月30日  
埼玉 MOVIX三郷 050-6864-7125 12月30日  
茨城 MOVIXつくば 029-868-7200 1月13日  
栃木 MOVIX宇都宮 028-657-6200 1月13日  
群馬 MOVIX伊勢崎 0270-30-1700 1月13日
北海道・東北
エリア 劇場名 電話番号 公開日 全国共通券
北海道 札幌シネマフロンティア 011-209-5400 11月11日  
秋田 ルミエール秋田 018-884-7450 順次公開  
中部・北陸
エリア 劇場名 電話番号 公開日 全国共通券
愛知 ミッドランドスクエアシネマ 052-527-8808 11月11日  
岐阜 CINEX 058-264-7151 順次公開
静岡 静岡シネ・ギャラリー 054-250-0283 12月9日  
長野 長野ロキシー 026-232-3016 順次公開  
石川 シネモンド 076-220-5007 順次公開  
福井 福井メトロ劇場 0776-22-1772 順次公開  
関西
エリア 劇場名 電話番号 公開日 全国共通券
大阪 大阪ステーションシティシネマ 06-6346-3215 11月11日
大阪 なんばパークスシネマ 050-6861-4255 11月11日
京都 MOVIX京都 075-254-3215 11月11日  
兵庫 神戸国際松竹 078-230-3580 11月11日
中国・四国
エリア 劇場名 電話番号 公開日 全国共通券
岡山 シネマ・クレール丸の内 086-231-0019 順次公開  
広島 広島サロンシネマ 082-962-7772 順次公開  
広島 シネマモード 084-932-3381 順次公開
香川 ホールソレイユ 087-861-3366 順次公開  
九州
エリア 劇場名 電話番号 公開日 全国共通券
福岡 T・ジョイ博多 092-413-5333 11月11日  
佐賀 THEATER CIEMA 0952-27-5116 順次公開  
長崎 長崎セントラル劇場 095-823-0900 1月13日  
熊本 Denkikan 096-352-2121 順次公開  
大分 シネマ5 097-536-4512 12月16日  
宮崎 宮崎キネマ館 0985-28-1162 12月16日  
鹿児島 天文館シネマパラダイス 099-216-8833 12月16日  
沖縄 シネマパレット 098-869-4688 12月9日  
沖縄
エリア 劇場名 電話番号 公開日 全国共通券